組合概要

 昼夜を問わず24時間体制で荷役、岸壁延伸2隻同時荷役で国際定期航路の定時性を確保!!飛躍的に利便性が向上しました。

事業協同組合概要(T.I.C.T)

 今や北日本最大の規模と取扱量を誇り、世界各港と結ぶ北海道の玄関口としての重責を担っています。
 ターミナル事業運営は、平成9年4月、在苫小牧の港湾運送事業免許を有する5社が協同組合を設立し、よりアクティブに、100%民間で立ち上げました。

商  号
苫小牧港外貿コンテナ事業協同組合
英文社名
TOMAKOMAI INTERNATIONAL CONTAINER TERMINAL COOPERATION
所在地
苫小牧市字弁天534番2
電  話
0145-26-8700
FAX
0145-26-8899

組合構成会社

苫小牧栗林運輸株式会社

苫小牧市元中野町2丁目13-16
TEL 0144-34-2111

北旺運輸株式会社

苫小牧市元中野町2丁目1-29
TEL 0144-34-5121

苫小牧北倉港運株式会社

苫小牧市字勇払152-248
TEL 0144-53-5600

ナラサキスタックス株式会社

苫小牧市元中野町2丁目13-24
TEL 0144-35-2222

苫小牧埠頭株式会社

苫小牧市入船町3丁目4-21
TEL 0144-33-6161

(各社 出資構成/20口 20%)


事業協同組合の目的及び概要

 中小企業等協同組合法第27条2第1項の規定で設立された組合概要は下記の通りです。

設立の目的

 外貿コンテナ埠頭背後の外貿コンテナヤードを取扱い港湾運送事業者5社で共同保有(占有借)し、外貿コンテナの蔵置管理を一元的に行い、よって効率的な人員の配置及び保税蔵置場、荷役機械等の有効活用を図りコンテナ荷役のコスト低減に寄与します。

組合概要

  1. 外貿コンテナターミナルにおける港湾運送に係るコンテナヤードの共同保有、運営
  2. 組合員の取り扱う外貿コンテナの共同管理
  3. 組合員に対する事業資金の貸付及び組合員のためにするその借入
  4. 組合員の事業に関する経営及び技術向上、又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
  5. その他 組合員の福利厚生に関する事業
トップページ