昼夜を問わず24時間体制で荷役、岸壁延伸3隻同時荷役で国際コンテナ航路と内航フィーダー航路の定時性を確保!! 飛躍的に利便性が向上しました。
 今や北日本最大の規模と取扱量を誇り、世界各港と結ぶ北海道の玄関口としての重責を担っています。
 ターミナル事業運営は、平成9年4月、在苫小牧の港湾運送事業免許を有する5社が協同組合を設立しよりアクティブに、100%民間で立ち上げました。

航路・入港情報のお知らせ

年末年始の営業予定 について                                                                                                                                                                         年末は12月29日の午前中まで営業致します。                                                                                                                                                  年始は1月4日からの営業開始となりますが降雪があった場合、除雪作業などによりゲートオープンに遅れが出る場合もあります事をお含みおき下さい。

BIG POTENTIAL!「大きな可能性」

 極東の最先端に位置する国際貿易港は、東西をつなぐ重要な役割を認識しつつ豊かな自然、背後の10,700ヘクタールの広大な産業用地のもと積極的に未来を見据えています。

フォトブック